交通事故における慰謝料計算方法

交通事故に遭遇した場合、被害者が加害者に対して請求することが出来るのが慰謝料です。
ただ、慰謝料というのは一般的に使われている言葉と厳密な意味の慰謝料とは違いがあります。
一般的には治療費や通院費、休業補償、肉体的・精神的な苦痛に対する賠償すべてを足し合わせたものを指しますが、慰謝料は本来肉体的・精神的苦痛に対する賠償を指すものです。
とはいえ、加害者が支払うお金をいちいち分類することも手間ですので、通常はすべて一括りに慰謝料とすることが簡単です。
治療費や通院費などは病院からの請求があるので明確にすることが可能です。
問題は肉体的・精神的苦痛に対する賠償です。
苦痛は人それぞれ感じ方が違うので、明確な金額を出すことが出来ません。
では、どのような慰謝料計算方法がとられるのかというと、怪我の程度で計算します。
大きく分けると、後遺症なしの障害事故、後遺症ありの障害事故、死亡事故です。
自賠責保険では、後遺症なしの障害事故では治療1日あたりに4200円となり、後遺症ありの障害事故では後遺症の等級で区別され最も軽い等級で32万円となります。
死亡事故であれば、自賠責保険で原則350万円ですが扶養者がいれば200まねんが加算されます。
これらの計算はとても難しいし、過去の判例も知っておくと適切な金額の請求が出来ます。
できれば交通事故を得意とする弁護士に依頼することをお勧めします。
http://www.jiko-soleil.jp/