ビットコインはオープンで安全な通貨

ビットコインは何かよく分からない通貨のように思えますが、実は完全にオープンな通貨です。
これが信頼性を担保している一つの要因となります。
オープンなシステムで、その仕組みも完全に公開されていますから、不正を働くことができないという特徴があるのです。
銀行のシステムは閉鎖されていますから、もしかすると何か不正が行われている可能性があります。
例えば利子を正しく受け取ることができていないと言ったこともあり得るでしょう。
実在する通貨は国や中央銀行が管理しているから安全だと考えるかも知れませんが、これも正しくはありません。
実在する通貨は国や中央銀行の金融政策によって価値は常に変動しています。
例えば、円安になったことによって輸入物価が上昇し、日本円の価値が下がったことは記憶に新しいでしょう。
これは、金融政策のルールが最良で行われていて、ルールが決まっていないことが原因です。
ビットコインはというと、すべてのシステムが公開されています。
今後新たに発行される通貨の量まですでに決まっていますから、ほかの主体に依存することはないのです。
ルールが完全にオープンであることから、不正を働くことはできません。
そのために、最も安全な通貨だと考えられるのです。