老後を考える

今は働き盛りのわが家ですが、いつかやってくる老後について考えることがあります。
今は健康ですし、子どもの成長を見守る方ですが、いつかは自分にも老後がやってきます。
その時に、どんな生活になるのか少なからず不安があります。
実際に、私の祖母も有料老人ホームに入居していました。
体が自由にならない部分があり、やはり施設のお世話になることになったです。
面会に行くと施設の中は、季節感ある飾りつけでとても温かさを感じました。
折り紙などで作られた飾りはさまざまで、指先を使って折る折り紙はリハビリにもなるから良いそうです。
また、習字や絵画、カラフルな編み物などいろいろ飾られていてみなさん多彩だなと感心しました。
施設ではさまざまなイベントをやっています。
いろいろな施設がありますが、ひとつ有料老人ホーム「ゆうゆうの里」を見てびっくりです。
こちらの施設は全国いろいろな場所にあります。
それぞれの施設で、ブログが更新されていました。
餅つきやクリスマスなどの季節のイベントはもちろん、入居者のかたが楽しめるような詰め放題イベントなどが行われています。
施設のかた、入居者のかたの笑顔がすごく印象的でした。
やはり笑顔で過ごせることが良いと思いました。