自分の毛で薄毛を治す自毛植毛

植毛と言えば、人工の毛髪を薄くなった部分に埋め込む人工植毛の方が有名です。
ナイロン、あるいは化学繊維等で作られた人工毛を、頭頂部や前頭部等の薄毛になった部分に埋め込む事で、植毛を行います。
しかし人工植毛には幾つかの問題がありました。
最大の問題は、皮膚に異物を埋め込む事のより生じます。
頭皮には何種類もの常在細菌が存在します。
人体に有害な細菌から、比較的無害な細菌、そして人体に有用な細菌が微妙なバランスを保ちながら共生しているのです。
皮膚に人工毛等の異物を埋め込む事により、この微妙な生態系のバランスを破壊してしまう事から、様々な頭皮のトラブルを引き起こすと考えられているのです。
自毛植毛は自分の側頭部や後頭部からの毛髪を植毛する医療方法です。
この為、人工植毛の様なトラブルを引き起こしにくい点が、最大のメリットです。