どのように工夫するとキャッシングの多重債務を避けられるか?

多重債務へ陥ると、深刻な状況となります。
誰しも、好んでこの状況となりたい人はいませんが、ちょっとした油断から陥るのです。
では、どういった経緯でそうなるかというと、まず意志の弱い人が、計画なしに欲しいものを次々と買う場合ですが、これは防げる可能性があります。
次の、病気・リストラなどで、収入がないのに借り続けなければならなくなる状況です。
この場合、病気ならば保険・リストラならば急いで仕事を見つけるといった、対処法しかないでしょう。
そして、他人の借金の保証人となっていて、突然多額の債務者となってしまう場合です。
これらは、意志の弱い人を除けば、特別なことではないでしょう。
では、どうやって防ぐかですが、返済できる当てがないのであれば、キャッシングしないことです。
これが重要で、借りなければ多重債務とはなり得ません。
これはごくあたり前ですが、厳守することです。
借金の保証人へは、お金がなければ断る。
尚、どうしてもお金が必要であれば、行政が対応してます。